【兵庫】映画『麻テラス』上映&監督+サトケン対談

地図が利用できません

日付
2018年4月20日 (金)
12:00 AM

カテゴリー No Categories


吉岡監督×サトケンさんの麻コラボ&『麻てらす』上映会

「大麻」は、今からおよそ1万年前より麻縄として利用され、古代より日本人は大麻と慣れ親しんできました。
大麻は、全ての部位を有効的に活用できる植物で、茎(繊維部分、木質部分)、種、葉、花穂、根といった部位を用いて様々な産業用の用途に活用でき、その数は、3万種をも上回るといわれています。

そんな大麻にまつわるイベントを4月20日、21日と開催します。
20日は、吉岡監督×サトケンさんの麻コラボ&『麻てらす』上映会を開催します。

■一部:吉岡監督×サトケンさんの麻コラボ
重ね煮講座や瞑想イベントなどで全国を飛びまわっているサトケンさんによる特別ランチ「麻ランチ」
と、『麻てらす』の映画監督でもある吉岡さんと、サトケンさんによるコラボトークを開催します。
どんな話になるのかは当日のお楽しみに♪

■二部:『麻てらす』上映会 (監督による挨拶があります)

映画概要
この映画は、日本人の精神性にも大きな影響を与えてきた大麻の文化性と、世界的にも注目を集める“衣・医・食・住・農・エネルギー”など、様々な分野にわたるその利用法に着目し、 大麻が次代を導き、可能性を “てらす”役割を紹介するものです。
古くからの伝統や多岐にわたる利用法を持つ大麻の全容を様々なストーリーで紹介するシリーズ化を目指しています。

今回はシリーズの第一弾目となる「よりひめ岩戸開き物語」

国産大麻の糸績み技術を次代に継承すべく活躍が始まった「よりひめ」を軸に、大麻をめぐる様々な人たちの深い思いや、次代を見据えた活動を、古来から伝わる伝統文化としての「大麻」や大地に息づく大麻栽培の模様などを織り交ぜて紹介していきます。

女性は、命を産みだし、そして次世代へつなぐ役割を持っています。その女性たちの手に託された、大麻の糸績み。麻糸をつなぐことを 「績む(うむ)」と言いますが、彼女たちはあえて、「糸産み」という言葉を使います。

大麻の糸を産みだし、そのしなやかな心で新しい時代の扉を開く。 よりひめ 〜今を生きる女たちの 平成 岩戸開き物語〜 は始まったばかりです。

【日時】
4月20日(金)
■一部:吉岡監督×サトケンさんの麻コラボ
11:30~ 受付
12:00~ サトケンさんランチ「サトケン麻ランチ」
(麻はちょっとだけよ~♪byサトケンさん)
13:00~15:00
吉岡監督×サトケンさん コラボトーク

■二部:『麻てらす』上映会
18:20~ 受付
18:50~ 吉岡監督挨拶
19:00~ 『麻てらす』上映会(上映時間98分)
20:50~ みんなでシェア会、交流会
21:30  終了予定

【場所】
兵庫県芦屋市業平町3-5
ディ・エステ・ガーデンビル2F
(JR芦屋駅徒歩3分)

【参加費】
1部:5,000円
2部:3,000円(animaniオリジナルハーブティー付き)

【定員】
各20名

【申し込み】
http://kokucheese.com/event/index/513142/
facebookの参加予定を押しただけでは申込みになりませんので、上記のURLよりお申込みください。

【詳細情報】
『麻てらす』公式HP

http://asaterasu.com/

『麻てらす』フェイスブック

https://www.facebook.com/asaterasu/

吉岡敏朗監督プロフィール

http://asaterasu.com/staff.html

サトケンさんプロフィール

http://ta-ki-bi.jp/about_us/profile/

Share (facebook)