【湯河原】冬至のミラクル日の出ツアー&サトケン特別講座

地図が利用できません

日付
2020年12月20日 (日) - 2020年12月21日 (月)
1:45 PM - 10:00 AM

カテゴリー No Categories


毎年恒例の! サトケンと行く!「冬至のミラクル日の出ツアー」
いよいよ6年目!2020年も開催しますよー(^-^)v
真鶴で観る冬至の日の出は、地元では「弥勒ライン」と言われていて、
そのレイラインは、三ツ石(真鶴)→六方の滝(湯河原)→九頭龍神社(箱根)→富士山の
「3・6・9=みろく=弥勒」を通過する唯一の日とのこと。
冬至の日の出は1年間で最もエネルギーが高く、自分の中に在る本質が湧き出てくるスイッチをONする日でもあります。
そして、斯くして、私、深澤も、2015年の冬至の日の出のエネルギーを浴びて、本当の声が肚から湧き出し、その実践結果として、料亭小宿からリトリートご縁の杜へと大変革を創りあげたミラクルの実践例があります。
そしてそして!スペシャル第1弾!
今回開催の前泊日のスペシャル講座は・・・なんと!サトケンの新講座!
  『時代を超えて大切にしたいこと
      〜「和」の精神はどこからきたのか〜』
先日、東京で開催した際には涙を流す人もいたとのこと。
いったい、どんな体感覚が湧いてくる内容なのか!楽しみですね。
震災や連続的な自然災害を経て、コロナという見えないものとの対峙。
一見、行動を制御されているように感じるけれど、視座高く観ていくと様々な見方がある。
今、それぞれの民族は、それぞれの国にしっかりと腰を据え、自国の大地に立つことで、
それぞれの民族の精神性をぐんと高める時期なのだと思う。
日本人は改めて、この日本国土から湧き出ている日本古来の叡智を感じとり現実化する時。
その体感覚を食という世界観を通して感じいる時間を私たちとご一緒しましょう!
スペシャル第2弾!
後半は、サトケンと ご縁の 代表 深澤里奈子との対談!!
意識の大変容に入っていくこの時代をこの二人がそんな風に捉え、
今この瞬間、どんな風に感じ生きてるのか、ここから先をどう見据えているのか?!
楽しみ盛りだくさんの講座です♪
スペシャル第3弾!
そして講座の後の夕食は、ご縁の杜リードシェフの女性陣が創り出すヴィーガン料理。
日本古来の豊かな特性で在る母性(世界を包括し陰陽すべてを慈しむ力:慈愛)は
母の手からことが多かったのではないでしょうか。ご縁の杜のシェフたちはすべて女性。
今回はこの講座と共鳴して、日本古来の叡智を感じながら料理をつくらせて頂きますので楽しみにしていてください。私たちも皆様とお会いできるのが楽しみです。

【サトケンからの講座内容のメッセージ】
時代を超えて大切にしたいこと 〜「和」の精神はどこからきたのか〜
日本文化とは「生きる形」です。
命の原点・暮らしの原点に立ち返ると、自分のあり方を確認できます。
そして、結果的に自然環境も守られる。
日本料理と和食の違い、和食の無形文化遺産登録の理由から、世代を超えて受け継がれて来た日本人の心の原点を知ることは、これからの世界を生きる指針になります。
稲、田んぼ、桜、お祭り、和の心、お米、おむすび、おにぎり、お餅、直会、節句 etc…
大和心の原点にふれ、自分のあり方を見つめる機会にしてください。

Share (facebook)