【長崎】10年後の食卓&サトケンさんのトークイベント in琴海てぃーだ

地図が利用できません

日付
2019年7月16日 (火)
2:00 PM - 6:00 PM

カテゴリー No Categories


10年後の食卓 in 長崎てぃーだ

2018年、編集者の鈴木七沖さんが横浜から始めたイベント『10年後の食卓』。
「私たちの食卓には、10年後、どのような食べ物が並べられているのか?」そのような問いをコンセプトに、
人と人が出会って話を聞く(聴覚&視覚)、みんなでご飯を食べる(味覚&嗅覚)、仲間と一緒に「場」に集う(触覚)など、
「五感」をフルに使う体験型のイベントです。
参加者みんなで「食卓」を囲むことで、これからの生き方や暮らし方、在り方までをシェアしましょう☆

今回はサンマーク出版の映画『「食べること」で見えてくるもの』の上映と、サトケンのトーク、てぃーださんのスペシャルなごはんを囲みながら語り合いたいと思います。

■映画『「食べること」で見えてくるもの』
現代を生きる私たちにとって、“食べること”はどんな意味を持っているのか。
森美智代さんは難病の小脳脊髄変性症を克服し、1日青汁1杯だけの生活を25年以上も続けている。
大河ドラマでの食事の再現などもしている永山久夫さんは江戸時代の文献を紐解き、日本食の神髄を伝える。
サトケンさんは、“本来の自分に還る”をコンセプトに、出張料理や断食アドバイスを行っている。
秋田稲美さんは“食場”というアプローチで、食からより良い人間関係づくりをサポートする。
これら、「食のプロフェッショナル」を追い、これからの“食”との付き合い方を探る。
《予告編》
https://www.youtube.com/watch?v=mFIT7qke_zc

■サトケン(佐藤研一)プロフィール
ライフアーティスト
料理勉強家、作家

1971年生まれ。
青山の一等地で世界最先端のビジネスから一転、岡山の山奥の民宿「百姓屋敷わら」へ。日本の自然食の先駆者である船越康弘氏を師と仰ぎ、修行する。
古今東西の医学・健康法・美容法・心理学・運命論・座禅から瞑想法まで、幅広い知識とさらに深めた経験を元に、自身の活動を開始。
聖地でのリトリートツアーや、料理教室、人生相談、断食アドバイス、マインドフルネス、講演会、執筆など、日本全国のみならず、海外からの依頼にも応えて、
幅広い分野と地域で活動する。
コンセプトは「本来の自分に還る」「日常の中で人生の質を上げる」
著書 小冊子『今、ここ、サトケン』
HP: http://ta-ki-bi.jp/

【日時】
2019年7月16日 14~18時

【場所】
カフェ&グランピングてぃーだ
長崎県 長崎市琴海戸根町301
https://www.facebook.com/tiida2017/
【参加費】
5400縁(てぃーださんのディナー付き)
午前中開催のヒルデガルト上映会&平垣美栄子さんのお話会に参加の方は5000縁。
https://www.facebook.com/events/2215838828493952/?ti=cl

【定員】
20名

【お申し込み▪お支払方法】
下記イベントページに参加ボタンを押しメッセンジャーで送信して下さい。
こちらの返信をもって受付完了となります。
https://www.facebook.com/events/2148652105252250/?ti=cl

【キャンセル】

► 2日前~前日 午前10時までのキャンセルは、受講料の半額を申し受けます。

► 前日 午前10時以降~当日 のキャンセルは、受講料の全額を申し受けます。

► 事前にご連絡いただければ、代理の方に出席いただくことも可能です。

事前に材料等準備する関係上、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

Share (facebook)