【増席しました・受付中】受け継がれている日本の精神文化を知るー寒川神社神獄山神苑 見学とお話の会

地図を読み込んでいます・・・

日付
2015年7月10日 (金)
10:00 AM - 5:00 PM

会場
寒川神社

カテゴリー


昨年秋の開催で好評だった、ランドスケープアーキテクト桝井淳介さんによる
寒川神社の庭園「神獄山神苑」を見学する会の第二弾です。

※参加のお申し込みは申し込みフォームからお願いします。
申し込み先URL

今回は、参加者全員のご祈祷に加え、午後から場所を移動して、
桝井さんからさらに詳しい、神社と庭園の話、
そして全国の神社仏閣を回っているサトケンとの対談、
加えて、参加の皆さんの対話の時間を設けました。

【寒川神社】
寒川神社は、古来より全国唯一、一切の災厄を除きいただく八方除の神社で、
1500年以上の歴史を持つ相模の国の一の宮です。「玄武」「青龍」「白虎」「朱雀」の
四神相応なる御神域とされています。
ご祭神に、関東地方を創ったと言われる寒川比古命・寒川比女命をおまつりしていて、
古来の方式に則った季節ごとの壮大なお祭りや流鏑馬でも知られています。

寒川の名の由来は「清い泉の涌く所」の意をもって『水を司る神』とも言われています。
庭園は本来、神様のお庭。禁足地として足を踏み入れることができなかった場所ですが、
今回は、この「神嶽山神苑」を手がけた桝井さんから説明を受けながら巡る、貴重な時間になります。

桝井さんは、庭園作家・枡野俊明氏(ニューズウィーク日本版10月18日号『世界が尊敬する日本人 100人』に選出・著書多数)に師事し、8年をかけて、この庭園をデザイン、竣工しました。
枡野俊明氏HP

自然と神と人間との共生、調和、あるものを生かす「見立て」のアイディアなど、庭一つにも人生に通ずるたくさんのエッセンスがあります。じっくりと感じてみてください。

初の、桝井さん×サトケントークでは
・日本人の精神性
・受け継がれているもの
・自分のルーツを知る
・日本の庭園の歴史と時代背景
・見えないものへの畏敬の念
・見立て
・ゆにわ
・持続可能な世界などについて触れていきます。

季節を感じながら、自分の中に流れる日本人の精神文化を思い起こす1日を、ぜひご一緒しましょう☆

お時間のある方は見学会後に懇親会にもご参加ください。

【プロフィール】
桝井淳介
1971年神奈川生まれ。
多摩美術大学大学院デザイン(建築)修了。
庭園作家・枡野俊明に師事。同氏主宰日本造園設計にて禅をテーマにした庭園設計を行う。同室長を経て2014年に独立(株)桝井淳介デザインスタジオを設立。
現在は伝統文化の思想や手法を用いた現代空間デザインに取り組む。(登録ランドスケープアーキテクトRLA)
ホームページ

サトケン(佐藤研一)
(株)焚火代表取締役。人生創談家、国境なき料理団理事。料理勉強家。岡山の自然食民宿「百姓屋敷わら」にて、食養、東洋医学、哲学を修め、古今東西の医学・健康法・美容法・心理学・運命論・座禅・瞑想法までを学ぶ。映画『「食べること」で見えてくるもの』に出演。
ホームページ

【開催日時】

7月10日(金)10:00〜17:00

【庭園見学】
10:00 集合場所:寒川神社太鼓橋の横 
    JR相模線「宮山」駅下車
    ホームページ
ご祈祷
10:30 見学開始  
12:00 昼食タイム
    移動(寒川総合体育館会議室へ)
    ※少ないですが体育館の近くに飲食店がありま
    す。またはお弁当を持参して会議室や体育館の隣
    の公園でも食べられます。当日ご案内します。
    ※昼食のご用意はありません

13:15 桝井さんのお話開始
14:45 休憩
15:00 桝井さん×サトケントーク
16:00 皆さんで対話会
17:00 終了
17:30 退室

【懇親会会場】
寒川から茅ヶ崎周辺の予定
飲食代は現地で実費精算いたします。

【参加費】
6,000円(ご祈祷代込み)
事前振込

【お申込み】
1.申し込みフォームからお申し込みください
   申込先URL 

2.本FBイベントページに参加クリックをお願いします。
間違えて押してしまったら「未定」か「不参加」に修正してください。

●懇親会への参加
主催者へメッセージをお願いいたします。

●定員
20名

●注意事項
ピンヒールや金属の底の靴はご遠慮ください。
撮影は一部を除けば可能です。ただし三脚は不可です。
神社へ本見学会についての直接のお問い合わせはご遠慮ください。

お車でお越しの場合は参拝者駐車場をご利用ください。
電車の方は本数が少ないのでお気を付け下さい。
最寄駅はJR相模線「宮山」です。「寒川」で下車なさいませんように。

Share (facebook)