言葉にいのちを吹き込む「朗読・群読」勉強会

地図を読み込んでいます・・・

日付
2013年5月2日 (木)
1:30 PM - 6:00 PM

会場
貴船坂サロン

カテゴリー No Categories


ボクも何かやるかもです☆

この度、朗読と群読の勉強会を始めることになりました。

つきましては5月2日(木)に第一回の勉強会を行いたいと思います。月に1~2回の練習をして、9月7(土)、8(日)に長野市七二会(なにあい)の山の上の神社で発表会(予定)を行いたいと思っています。そちらに参加できなくてもかかいません。朗読や群読にご興味があれば練習だけでもご参加ください。

【朗読・群読とは】
朗読は、声を出して自分のために読む「音読」に対して、人に聴かせるために読むことです。朗読をすることで、日本語の深い味わいに触れることができ、それを聴いた人に伝えることができます。日本語の美しさを再発見し、豊かな表現方法を身につけると日常会話や人前で話す際に、「ふつうの話」から「聴かせる語り」に変わります。

決して、アナウンサーのように正確に安定した声で読むことが目的ではありません。発声やテンポや間のとり方に、自分らしさを見つけて表現すれば、聴く人の心を動かします。また、声に出して読むことは「文字を見る」「言葉の意味を理解する」「声に出す」「自分の耳から発した声を聴く」4つの行動を同時にするため、脳の血流が促進されるので認知症などの改善策のひとつとしても採用されています。

「群読」は、複数の人が同時に、またはずらして読むことで一人よりも情感豊かな、奥行と厚みを感じるものになります。群読劇では、「朗読と群読」を合わせた表現方法を用いることがあります。
題材は、詩、小説など既存の作品やオリジナルの作品などどんなものでも大丈夫ですが、自分に合う作品、目的を考慮して選びます。
朗読・群読の勉強は、呼吸、発声、滑舌、姿勢から学ぶので、心と体への好影響ははかり知れませんが、何より、声を出して読むと言うシンプルな表現が、深い感動をつくり上げることで、読む人、聴く人双方に明日への生きる希望がわいてくると思います。
言葉にいのちを吹き込む「朗読・群読」勉強会にぜひご参加ください。

女優の長岡輝子さんが朗読する「雨にも負けず」です。
これを聴いて魂がふるえたらぜひどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=0c4jojHxWRw

【開催概要】
期日:5月2日(木)13:30~18:00
会場:貴船坂サロン(西馬込)お申し込みの方にお知らせします
募集:若干名
進行:山上晴美
参加費:2,000円(お茶とおやつ付き)

申し込み:フェイスブックから  http://www.facebook.com/yamagami.harumi#!/events/145857852253650/

メールで  yharumi7@gmail.com (お名前、メールアドレス、携帯電話番号を明記ください)

 

【山上晴美】
23歳から劇団運営をし、100本近くの公演を制作。自らも戯曲、演出、俳優として携わりながら俳優養成を行う。10年間の演劇生活を卒業し、出版社、広報業、メーカーなどへ勤務。2001年に独立し編集事務所を設立するも激務で心身が折れそうになったのをきっかけにすべてをリセット。魂が真に求めていることを探しながら心の学びを深める。2012年、人生のミッションに従って生きることを決意し、「共感と感動をプロデュースする」こと、「自分自身が表現者に戻る」ことを復活。「心と体に聴く―自分と人とつながる」、「食を通して心と体を考える」ことなど、複数のアプローチ方法で「ほんとうの自分を生きる」ために活動を再開。リスニングセラピスト。コーチング、ライティング指導者。

Share (facebook)